読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【熊本地震】被災地に足りてない支援物資と送りたい物の一覧!

熊本で起こった大地震。その被災地へ送りたい支援物資や足りていない物をまとめています。

【拡散希望】車中避難で多発しているエコノミー症候群はソックスで予防することができる!

f:id:a05v2v05:20160421064909j:plain 

 

 

車中泊避難している方がエコノミー症候群で亡くなられ、

さらに多くの方がかかられているこの症状ですが、

 

着圧ソックスを履くことで予防することができるようです。

 

 

⇒予防できる着圧ソックスはこちら

 

 

着圧ソックスで予防できる理由

エコノミー症候群とは長時間同じ姿勢でいることにより、血液中に血栓ができてしまうことです。

 

今回なくられた方も車中泊をしておられ足を長時間動かさない状態だったので、血栓ができてしまい、肺や心臓に入ったことが原因のようです。

 

 

着圧ソックスで予防することができる理由

 

着圧ソックスはその名の通り、圧力をかける靴下のことです。

 

足に圧をかけることによって、血液をよくし血栓ができるのを防いでくれるのでエコノミー症候群の予防をすることができるようです。

 

 

おススメの着圧ソックス

 

着圧ソックスはどこにでも売ってありますし、種類が多いのですが、きちんと信頼があるものの方が良いでしょう。

 

 

信頼性が高い物としてドクター・ショールの「フライトソックス コットンフィール」というものがあり、

 

長時間のフライト用に作られている着圧ソックスで英国航空健康協会に認定されているものがあります。

 

特徴としては、長時間のフライトで血流が悪くなりむくみなどが起きないように、通常のものよりも圧が強くかかるようになっています。

 

それでいて、ふくらはぎにかけて徐々に圧が弱くなっているので、長時間はいていても締め付け感がありませんし、なにより履いていて違和感がないことが挙げられます。

 

せっかくエコノミー症候群用に履いても夜に眠れなかったら意味ないですもんね。

 

そういったこともあり「フライトソックス コットンフィール」は他の着圧ソックスに比べておすすめです。

 

 

⇒フライトソックス コットンフィールはこちら

 

 

ちなみに着圧ソックスと聞くと女性が履くものではないか?と思う方もいますが、フライトソックスは男女兼用で使えるものもあるのでそこら辺は安心のようです。

 

 

熊本に宅配できる地域とできない地域のまとめ

 

 

被災地に何か送られる方はこちらを参考にしてみてください。